文字サイズ

標準

お問い合わせご相談はこちら

よくあるご質問

一般

家族の入院や介護のことについて、相談に乗ってもらいたいのですが
まずはこちらの総合相談室へお電話またはお立ち寄りください。当施設のご利用者様はもちろん、ご家族、地域にお住まいの皆様の暮らしの中でのお困りのことまで、ご相談に応じます。詳しくはこちら
「平安の間」は患者さん以外でも利用していいのですか
地域交流スペースとして地域の皆様に開放しています。お待ち合わせの場として、散歩の途中の休憩スポットとして、どうぞご利用ください。「平安の間」に込めた思いはこちら
面会やお見舞いができる時間は?
面会時間は、午前8:00 から午後8:00までとなっております。
入院するときの手続きや持ち物について教えてください
手続き等、入院に関するご相談は総合相談室へ。持ち物は、保険証や入院申込書 、減額認定証(お持ちの方)、障害者手帳(お持ちの方)などとなります。詳しくはこちら

平安の森 記念病院について

「平安の森 記念病院」はどんな病院ですか。誰でも診察してもらえるのでしょうか
「平安の森 記念病院」は、地域に密着した病院です。内科・泌尿器科・皮膚科・リハビリテーション科があり、誰でも受診可能です。あなたの身近な主治医として、どうぞ、ご利用ください。
受付時間や休診日はこちら
アクセスはこちら
人工透析ができると聞いたのですが
当院では、入院患者様の人工透析が可能です。患者様の幅広い要望にお応えできる体制で治療にあたっております。

介護老人保健施設 平安の森について

どんな介護サービスがありますか
ご利用者様の介護ステージに合わせて、入所・ショートステイ(宿泊)・通所リハビリテーションも含めたケアサービスをご提供します。在宅での生活支援から入所まで、あずま会だからこその介護ネットワークを通して、ご利用者様が安心でき、かつご家族も安心して預けられる施設を目指しています。詳しくはこちら
どういう人が利用できますか
要介護認定を受けており、入所は「要介護1~5」、ショートステイ、通所リハビリテーションは「要支援」「要介護」と認定された方が対象となります。要介護認定が未申請の方も是非一度ご相談ください。
お食事はどうなりますか
お食事は、ご高齢の方に合うお食事を館内で作ってご提供しており、とてもおいしいと好評をいただいております。通常の食事では飲み込みづらい方についてはお粥など柔らかいメニューを、また、糖尿病等による食事制限のある方には療養食など、状況に応じて対応いたしますので、ご相談ください。
送迎はしてもらえるのでしょうか
ショートステイと通所リハビリテーションはお宅の玄関までお迎えにあがるドアtoドア送迎を行なっておりますので、歩行が困難な方や雨の日なども安心です。また、車椅子の方にはリフト付き送迎車でお迎えいたします。
通所リハビリテーションはどんなことを行いますか。気疲れしそうで心配です
日帰りでリハビリを中心に、入浴、食事、レクリエーションを行い、ご利用者様の健康の維持・回復を図りながら一日を楽しく過ごしていただくことを目指し、スタッフがお一人おひとりに気を配っています。当通所へ行くようになって元気になったというご家族の方の声もいただいております。一日の流れを見る

介護について

親の介護について相談したいのですが
浜松市の委託を受けて、地域で暮らす高齢者の方を、介護をはじめ、福祉・健康・医療などさまざまな面から総合的に支援する“身近な相談窓口”として、「高齢者相談センター元浜」がございます。個人情報・プライバシー等については秘密厳守をしております。お気軽にご相談ください。詳しくはこちら
ケアマネージャー(ケアマネ)とは、何をしてくれる人ですか
介護や支援を必要とする人が介護保険制度を利用して自立した生活を送れるようサポートする人です。具体的には、ご利用者様やそのご家族がどんなサービスが必要なのかニーズを把握してケアプランを作成し、ご利用者様が適切なサービスを受けられるように自治体や各事業者に依頼します。「介護が必要になった!」「どうしたらいいか分からない!」「ケアマネージャーを探している!」…こんなときはお気軽にお問い合わせ下さい。詳細はこちら
介護保険制度について知りたいのですが
介護保険は、40歳になった月から全ての人が加入することになり、支払い義務が生じます。年齢によって区分が分かれていて、65歳以上は「第1号被保険者」、40歳~64歳までは「第2号被保険者」に当たります。 第1号被保険者は、介護が必要であると認定を受けると、その程度によって、日常生活の支援や介護のサポートを受ける際に介護給付を受けることができます。第2号被保険者の場合、末期がんや関節リウマチ、脳血管疾患などを含む全部で16種類の特定疾病のいずれかに該当し、要介護認定を受けた人のみ、介護給付を受けることができます。「介護が必要になったがどうしたらいいか分からない!」という方、まずは、こちらにご相談ください。詳細はこちら

リハビリについて

どんな人がリハビリをしてくれますか
理学療法士・作業療法士が行います。理学療法士はストレッチ・筋力強化など基本的な運動や起き上がりなどの基本動作や歩行練習の実施や指導を専門とし、作業療法士は食事動作・更衣動作・入浴動作などの日常生活動作の助言や自助具の工夫を専門としています。
スタッフが家に来てくれる訪問看護、訪問リハビリがあると聞いたのですが
専門スタッフがご自宅に伺い、ご自宅で療養される皆様に、病状や療養生活を看護の専門家の目で見守り、最適なケアとアドバイスを行う訪問看護を行っています。
現在どの程度体が動くのか、日常生活がどれくらい可能なのかを専門スタッフがご自宅を訪問して評価します。その上で機能の回復やより自立した日常生活のための生活リハビリを行います。さらにご家族の介護方法の指導なども行います。
まずは、こちらにご相談ください。詳細はこちら
65歳未満ですが、介護保険での訪問リハビリを受けられますか
40歳以上65歳未満の方は特定の病気であれば、要介護認定を受けられます。要介護認定された方であれば介護保険での通所リハビリや訪問リハビリが可能です。

その他

そちらの施設で働きたいのですが
採用情報はこちらをご覧ください。採用情報ページはこちら